男女

貸し倉庫を使用する際には会社の状況を確認しよう

男性

商品の流れ

商品の流れをスムーズにさせるためには、物流倉庫との契約を行っておくことが大切です。また、保管状況についても選べることが出来るので、事前に確認を行い決めていくようにしましょう。

室内

倉庫の移転

物流倉庫を移転するという時は、まず荷物の移動をしなければなりません。一度に移転をするというのは難しく、徐々にしながらもなるべく短い期間でスムーズに行なうことが重要です。

2人の女性

物流の人手

物流倉庫ではたくさんの人の手が必要になります。労働力を確保するためにもしっかりと従業員の管理と人での補給をする必要があるでしょう。時にはコンサルタントをすることも大切です。

適切な使い方

倉庫

会社で管理している貸し倉庫のについて

入社当時、会社で扱っていた商品の費目や品番数は今と比較すると約2分の1ぐらいの数量で、今よりもまだ会社内の倉庫スペースにも余裕はありましたが、近年では商品の多様性やまたデザイン含めた売り場での面取りを確実にするため、商品が同じ仕様でもカラー展開で商品を手配する事が増え、それに伴い商品数も格段に多くなってきました。その中でも一番圧迫している部分として、会社で管理している貸し倉庫では商品の保管が難しくなり、更に新しく2箇所貸し倉庫を借りている状況に現在は至っています。倉庫ごとにそれぞれ目的別や種類別に合わせて商品を保存しているのであれば良いのですが、いかんせん企業体質なのかどうも管理が苦手な様で倉庫を上手く運営出来ていないのが実情です。

物流面で効率良く使える様に

スペースが足りないからといって貸し倉庫は何個も借りるというのはやはり会社的にも費用がかかるため良いとは言えないと思います。出来るだけ効率的に倉庫を運営管理するためには、やはり出来るだけ一拠点に集中した方が、商品の出し入れや管理もし易いのは間違いないかと思われます。という事で、現在今点在している倉庫をひとまとめ出来る様な貸し倉庫を探しています。やはり倉庫が点在する事で、物の移動や出し入れ、入荷から出荷までに至る間の部分で、とても不効率な事をしなければならない事が多く、例えば倉庫整頓も無駄に多くしなければならないため正直無駄な仕事が多いです。まずは出来るだけ管理体制を一極集中させる事で作業の効率化を測り、ひいてはコスト削減につなげれる動きにしたいです。